アース美幌通信 Vol.16

  • 2018年4月 1日(日)
4月

ようやく日差しが暖かくなり、過ごしやすい季節になりましたね。 ワンちゃんやネコちゃんが窓の近くで日向ぼっこする姿が多くなるのではないでしょうか。春の過ごしやすいお天気ならではの生活を楽しんで下さい♪

過ごしやすい季節になりましたね。

今年も狂犬病の予防接種の季節がやってきました。 狂犬病は、「狂犬病」というように「犬」の文字がついているため、犬の病気だと思われる方がいらっしゃいますが、実は人間にもかかる病気でもあり、猫などその他の動物にも感染する病気です。

「狂犬病なんて日本ではかからないのでは?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。 たしかに、日本での狂犬病は、1956年の感染を最後に報告されておりませんが、 海外では発症例が毎年報告されており、毎年約5万人の方が亡くなっています。最近では船や飛行機で旅行などがしやすくなった分、いつ日本に狂犬病に感染した動物がきてもおかしくない状況です。

日本で発生が報告されないのは、なんとか入ってくるのを防いでいる事が理由ではありますが、平成18年には海外に渡航されたお二人の方が犬に噛まれウィルスに感染して帰国後発症し、死亡したというケースがあります。

人でも起こるのですから、ワンちゃん・ネコちゃんもいつ狂犬病が日本に入ってくるか分かりません。狂犬病は、ワクチン接種をせずに感染してしまうと、ほぼ確実に死に至る恐ろしい病気です。現在のところ確立した治療法がない状況です。しかし、ワクチン接種により予防が出来ます。しっかり予防接種を行いましょう。

狂犬病予防ワクチンの接種は、法律で定められた飼い主様の義務です! マダニについて

日本にはネコ好きにはたまらない天国のような会社があるようだ。

「仕事のストレスが蓄積すると癒しが欲しくなる。毎日仕事に出かけなければならず、大好きなネコとなかなか一緒にいられない。そんな人は、ネコを連れて出勤してしまおう。」と考えるのはIT企業・ファーレイだ。同社はネコの同伴出勤制度を導入し、オフィスを癒しの空間に変えた。

そして、社内で気ままに過ごす8匹のネコちゃんとご飯を食べたり、休憩することで従業員が癒されているのだ。さらに、会社では野良猫の引き取りを奨励していて、引き取ることで月5000円の「ネコ手当て」が支給されるそうだ。

 

 

ふるさと納税で動物愛護

「ふるさと納税」。返礼品でどこに納税するか考える方が多いとは思いますが、最近はどんな事業を応援するかで選ばれる方も多くなってきたようです。 ふるさと納税の使い道に「動物愛護」という項目を掲げる自治体が全国各地に増えているのをご存知でしょうか。また各自治体が犬猫の殺処分ゼロを目指し、様々な活動を行ってきていますが財政上の問題で順調には進んでいないのも現状です。

「動物愛護」ふるさと納税の始まりは兵庫県尼崎市です。2012年から「ふるさと納税」の使い道に『動物愛護』が加わりました。きっかけは、尼崎市で猫の保護活動を行うNPO法人が、「動物愛護ふるさと納税」の創設を求める署名活動からでした。予想以上の納税額が集まり、これによって300頭以上の猫の不妊手術の助成金が確保できたそうです。多くの金額が集まったのは、日本の動物の殺処分の現状に心を痛めている人たちが多いからではないかと思えます。現在「動物愛護基金」のふるさと納税を設けている自治体は神奈川県、川崎市、名古屋市、長野市、大阪市、京都市、尼崎市、明石市、徳島県、広島県、福岡市、佐賀県、そして札幌市などです。動物のためのふるさと納税は何に使われているかというと、不妊手術の助成をはじめ、新しい飼い主への譲渡会、犬及び猫の愛護と適正飼養に係る普及啓発、動物愛護団体への助成、動物保護センターの建設など多岐にわたっています。1月に札幌市のこの春から始まる取り組みの説明会に行ってきました。札幌市動物愛護センター、札幌市小動物獣医師会、NPOとが協力し、飼育放棄されたり、飼主不明な犬猫の新しい飼主さんを捜すにあたっての不妊手術の助成のために使われるふるさと納税です。納税目的と納税先を指定できるようになっていました。年間1000頭ほど対象がいるそうです。

動物愛護を明示したふるさと納税先がない場合でも「その他事業へ」と大きなくくりで活用方法を選べる自治体もあります。備考欄に、「動物愛護に活用してください」と記入し寄付することも可能です。ひとりでも多くの方が、ご自身が応援したい自治体や政策を選び、寄付いただけることを願っています。

オホーツク管内でも動物愛護活動を行っているNPOがあり、地道な活動をされています。北見市獣医師会でも北見保健所に収容された動物が新しい飼主さんの元に譲渡される際の不妊手術の助成を行っております。殺処分ゼロへの一助となる事業ですが財政的に厳しくなっています。今のところ「動物愛護ふるさと納税」の動きはないようですが、今後に期待したいです。

4月は雪解けの時期でもあります。そしてマダニたちが活動し始める季節です。各地でSFTSやダニ性脳炎などマダニ媒介性の病気が注目されています。山だけでなく普通の散歩コース、河川敷などにもマダニは潜んでいます。人もペットもマダニ対策をしっかり行ないましょう。

アース動物病院 院長 高良 広之

お知らせ
今月の予定
 
トップへ戻る