アース通信 Vol.8

  • 2019年1月 1日(火)
新年あけましておめでとうございます!
ワンちゃん、猫ちゃんの尿石症に注意!
まずは症状チェック
尿石症にならないために(再発予防にも)
犬の尿石症では感染症のコントロールと食事管理が重要です。猫では食事管理と水分摂取の増加が再発防止に欠かせません。

おしっこが出にくくなったまま放っておくと、急性腎不全や尿毒症を引き起こすことがあります。

特に、まったくおしっこが出なくなると生命に関わる危険性があります。尿石症にかからないためには、適切な食事管理と十分に水分を取ることを心がけましょう。
日常的なケアでは処理しきれない場合もあります。定期的に病院で耳の掃除をしてもらうようにしましょう!
定期的に検査を受けましょう!
どんな病気に対してもいえますが、尿石症についても早期発見・治療が大事になります。特に冬場は、水を飲む量が減ることで、おしっこが濃くなり尿石ができやすくなります。

尿検査では、尿の色や臭いだけでなく、尿糖、尿比重など腎臓の状態が色々わかるものです。定期的に尿検査を受ける事で、病気を悪化する前に見つけられます。

※猫の飼い主様へ
尿検査を受ける際、尿を採る事が難しいという声をよく聞きます。尿は、病院で採る事が出来ますので、気軽にご相談下さい。
今月の予定
 
トップへ戻る